見晴台~二重ノ瀧

残念ながら見晴台から見た山頂は、山頂から下山した時と同じく霧の中。
IMG_7212_201707092019582f2.jpg

山頂から下山を始めて大体一時間で見晴台に到着。

南側へ下ると日向薬師へ。
IMG_7213_20170709201959d49.jpg

その時、下界から見てハゲているところの直上を下ります。
IMG_7041_201707092019558fe.jpg

私は下社へ向かうべく二重ノ瀧方面へ。
IMG_7216_2017070920200073a.jpg

滑落事故が多かった為、今では崖になっているところ全てにガードロープが張られています。
IMG_7224_20170709202002a71.jpg

IMG_7231_20170709202003fd1.jpg

IMG_7237.jpg

IMG_7251.jpg

IMG_7247.jpg

IMG_7252.jpg

十六丁目~イタツミ尾根合流

十六丁目を出るとすぐ裸地化してしまった、陽の当らない粘土質の登山道に入るのですが、数年前木道が出来ました。
IMG_7097_20170704203629593.jpg

IMG_7102_20170704203631c00.jpg

IMG_7105.jpg

富士見。
言葉が意味する通り、晴れていると岳ノ台からニノ塔の間から富士山が見えるのですが、この日は残念ながら。
IMG_7107.jpg

IMG_7108.jpg

ハゲてるところ右手に菩提峠が見えます。
IMG_7110.jpg

IMG_7111_20170704203637875.jpg

この木階段が現れると、もうすぐイタツミ尾根合流です。
IMG_7114.jpg

IMG_7121_201707042041549df.jpg

左手が登って来た表参道、右手がヤビツ峠に下るイタツミ尾根。
IMG_7124.jpg

大山阿夫利神社 下社~十六丁目

その昔、大山詣のシーズン以外はこの扉は硬く閉じられていたそうです。
IMG_7048_20170703201556610.jpg

IMG_7049.jpg

入ってすぐこの急な階段は毎回圧倒されます。
IMG_7050.jpg

毎回早く山頂に行きたいから、ゆっくり木々を見る事も少なかったなぁ・・・。
IMG_7052.jpg

IMG_7053.jpg

IMG_7054.jpg

樹齢五・六百年の夫婦杉
IMG_7061.jpg

IMG_7067.jpg

IMG_7071.jpg

IMG_7083_20170703201609e1d.jpg

IMG_7084.jpg

IMG_7087.jpg

大体半分くらい登ったところにある十六丁目。
IMG_7088.jpg

中央の碑右手からも登って来れます。

スタート地点の扉を通り過ぎしばし、かごや道から蓑毛越えに合流し、そこを登ると十六丁目に出ます。

表参道は尾根道ではなく、ほぼ一直線に登るので傾斜がありますが、かごや道は距離こそ若干延びますが傾斜も表参道程きつくないので、普段はこのかごや道から十六丁目に出ます。

IMG_7093.jpg

去年はこの十六丁目で濃霧の為断念。
その時の夜景はこんな感じでした。

プロフィール

いしこ

Author:いしこ
●男性 48歳
●職業 会社員・営業(DAFS関連)
●趣味 幅広い意味でカメラ、自然と触れ合う事
●家族 妻と娘一人、猫一匹(♀めぐめぐ)
●出身 現住所共に神奈川県平塚市
●撮影機材
・CANON
EOS 7D MKII
EOS 7D
EOS 40D
EOS M
EF50mm F1.8 II
EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM
EF-S55-250mm F4-5.6 IS
・SIGMA
APO 150-500mm F5-6.3
DG OS HSM
18-200mm F3.5-6.3 DC OS
・iPhone 6S
●ラーメン大好き

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード